ベルブランの成分を教えちゃいます!

ベルブランの成分がニキビ跡に効果的な理由とは?

ベルブラン成分



ニキビシミに悩んでいる方に評判のベルブランですが、どういった成分が配合されているのか?
またニキビ跡にはどの成分が効くのか?知りたいという人も多いようですね。

そこでベルブランの全成分と、そのなかに配合されている成分がどんなものなのかをご紹介します!

まず、こちらがベルブランの全成分です。

トラネキサム酸グリチルリチン酸2K/ヒドロキシエチルセルロース/キサンタンガム/BG/濃グリセリン/カルボキシビニルポリマーアルギニン/"POE(40)硬化ヒマシ油/1,2-ペンタンジオール/水添大豆リン脂質/天然ビタミンE/ステアロイルフィトスフィンゴシン/ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液/アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム/加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2/エクトイン/油溶性甘草エキス/水溶性コラーゲン液-4/加水分解コラーゲン末/アーティチョークエキス/アセチルチロシン酢酸チロシン/牡丹エキス/カッコンエキス/プルーン酵素分解物/テンニンカ果実エキス/3-O-エチルアスコルビン酸/シルバーバイン果実エキス/セイヨウオオバコ種子エキス/アマチャヅルエキス/スターフルーツ葉エキス/セイヨウナシ果汁発酵液/カンゾウ葉エキス/党参抽出物加水分解液/アルピニアカツマダイ種子エキス/カモミラエキス-1/フェノキシエタノール/精製水/

ベルブランの注目の成分とは?

ベルブラン成分


ベルブランの全成分をさきほど紹介しましたが、この中でもニキビ跡に注目の成分があります。

その成分とは、「油溶性甘草エキス」と「トラネキサム酸」です。
この2つの成分がベルブランには配合されており、ニキビ跡に悩んでいるあなたの肌に深く浸透し、透明感のある肌へと導きます。

それではこの2つの成分を詳しく紹介しますね!

まずトラネキサム酸ですが、この成分は医療の現場でも使用されているもので、肌への刺激も少なく、シミ・そばかすなどのもとになるメラニンが生成されるのを抑え、透明感のある透き通った白い肌へと期待できる成分です。

さらにお肌への馴染みがよい油溶性甘草エキスが配合されていますので、トラネキサム酸などほかの美容成分を一緒に肌の奥深く、角層まで届けるように働きかけます。

このベルブランに配合されている油溶性甘草エキスはナノ化することにより、通常の化粧品より肌の奥まで浸透し、細胞間脂質に馴染むように浸透力を高められていて、ニキビ跡に効果的な成分を奥まで届け、ダイレクトにアプローチできます。

ニキビに効果が期待できるベルブランの成分

さてベルブランの成分でニキビ跡に効果的な成分には、他にもグリチルリチン酸2Kという成分が配合されています。
このグリチルリチン酸2Kという成分には炎症を抑える作用があります。

ニキビも毛穴が詰まって炎症を起こしている状態ですので、炎症を抑える効果があるグリチルリチン酸2Kが配合されていることにより、ニキビが悪化することを防ぎ、改善に役立つのです。

カモミラエキスには保湿効果とメラニン色素の生成を予防する働きがあり、肌を正常に保ち、シミやそばかすなどの改善にも効果が期待できます。
この成分はカミツレというキク科の花から抽出されたもので、お肌にも非常に優しい成分となっています。

中国伝統植物の一つの、アルビニアカツマダイ種子エキスはPLD1シグナルというメラニンブレーキシステムを活性化させ、他の美白成分との相乗効果により、白く美しい肌へと導く作用が期待できます。

ほかにも、さきほど紹介した美白効果が期待できる成分、トラネキサム酸と油溶性甘草エキス。
油溶性甘草エキスが肌の奥まで他の成分を連れていき、トラネキサム酸が肌の奥へ浸透することによりニキビシミにアプローチします。
この2つの成分には、ニキビの予防はもちろん、ニキビ跡の色素沈着も防いでくれます。

トラネキサム酸にはシミの元となるメラニンを抑制する効果があり、ブースター効果があるナノ化油溶性甘草エキスが、肌の奥にまで浸透させることで、さらにトラネキサム酸の効果をより発揮することができ、Wで美白の効果が期待できます。

ベルブランの成分にはニキビの炎症を抑え、さらにニキビ跡を改善して、キレイで健康な肌に導く成分が配合されているんです。

ベルブランは8つの無添加で安心

ベルブラン成分



ベルブランはニキビ跡やニキビシミに効果的な成分を配合していますが、そのほかにもニキビがある肌やニキビ後の敏感な肌に必要のない成分や、刺激を与えるような成分は配合されていません。

やはりニキビケア中の肌は敏感ですので、ちょっとしたことでもお肌のへのダメージが心配されます。
そこで、ベルブランには8つのフリーとして下記の成分を配合していません。

1.紫外線吸収剤
化学合成された成分でその名の通り紫外線を吸収して肌への紫外線を減らす素材ですが、紫外線を防ぐ力が強力=肌へのダメージも大きい。
人によっては刺激を感じることも。代表的な成分としては、t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン-3があります。

2.動物性原料
アレルギー体質の人の場合は口から摂取するものでなくても、化粧品などに含まれる動物性原料でアレルギーを起こすこともあり、また、アレルギー体質じゃなくても体力が落ちていて免疫力が下がった時に、まれにアレルギー反応を起こすことがあります。

3.合成香料
人工的に作られた香料で、使用することによりアレルギーを起こしたり、ホルモンバランスが崩れる可能性もあります。
代表的なものはエチレンやアセチレンがあり、石油から作られていて肌荒れを引き起こす原因となります。

4.パラベン
化粧品などの品質を保つために防腐剤として使用されている成分です。結晶または結晶性粉末で、ほとんど臭いはなく石油成分の一種。経皮吸収しやすく、ニキビ跡や敏感肌のように肌荒れを起こしていて角質層が不安定なときは肌トラブルやアレルギーを起こしやすくなりますし、実際に皮膚炎や湿疹などのアレルギー疾患の例もあります。

5.石油系界面活性剤
こちらも石油から作られた界面活性剤です。多くの化粧品に使用されており、機能性が非常に高く、そのせいで肌に留まり残りやすい性質を持っています。肌のバリア機能を低下させたり、たんぱく質を変質させる危険性があるので肌トラブルの原因となりえます。

6.シリコン
化粧品の使用感や滑らかさを出すもので、合成樹脂を原料としています。
代表的なのは、ジメチコン、ジメチコノール、シクロペンタシロキサン、シクロメチコン、アモジメチコンです。
シリコンは通気性が悪く、皮膚の環境悪化の一因となります。
さらに皮膚から吸収される経皮毒のおよそ90%が体内に蓄積されると言われていて、化粧品など毎日使用するものは、どんどん蓄積されるといった傾向が。

7.タール系色素
着色料全般を指していて、やはり原料は石油や石炭になります。
他の成分と同様にアレルギーや皮膚病の原因となったり、他にも内臓疾患や発がん性が疑われる種類があったりと怖い成分です。こちらもシリコンと同じように皮膚から吸収される経皮毒なので、避けるのが無難でしょう。

8.鉱物油
石油を原料に合成・精製された油成分です。主なものはワセリン、ミネラルオイル(流動パラフィン)、パラフィンなどがあります。
肌に馴染みにくい性質を持ち、化粧品に使われていることで、その効果を出にくくさせるようです。
洗ってもなかなか落ちないといった特徴があり、洗浄力の高いクレンジングや洗顔を使うようになることで肌へのダメージも大きくなるといった傾向があります。

これらの添加されていない成分は全部とは行かないまでも、少なからずいくつかは目にしたり耳にしたりしたことはあると思います。

ベルブランの成分にはニキビ跡に良い物が沢山配合されていて、体に良くない成分は配合されていませんので安心して使用できますね。

ベルブランはどこで購入できるのか?

ベルブラン成分



ニキビに悩んでいるならベルブランは口コミでの評価も高く、オススメの商品です。
購入するのなら少しでもお得に、そして安く購入したいですよね?

そこでこれを見ているあなただけに、ベルブランをお得に購入できる場所を教えちゃいます。
いまなら人数限定でお得な金額で買えたり、返金保証も付いているキャンペーン中です。

ただ、いつまでこのキャンペーンが続くのかは分かりませんので、興味がある方は一度のぞいてみてくださいね♪


 

サイトマップ